関東で大人気の英会話クラブを長崎県の長崎市籠町で開催します☆

2023年01月21日

so-soって、まぁまぁじゃない?!

こんにちは、GOOVER ENGLISH SCHOOLです。
今日は、so-soという言葉についてお話ししましょう。

So-soってめちゃくちゃ便利な言葉ですよね。
学校の英語の授業で日本語だと、まぁまぁと習いますよね。
でもこれをそのまま「まぁまぁ」と訳してしまうとおかしくなることも多いです。
今日はそんな So-soについて、一緒に勉強していきましょう。

How are you?って聞かれたとき、まぁまぁって英語で言うにはSo-soって
習う方多いようです。
So-soをまぁまぁと完全にイコールのワードではありません。
どちらかというと少しネガティブなイメージがある単語です。

そもそも日本語で まぁまぁは「まぁまぁ良い」の良いが省略されてまぁまぁとなります。
このため、まぁまぁは取り分けすごく良いことがあったわけではないけど、順調という意味合いが強い言葉です。
もしまぁまぁを英語で言うならばI‘m fineやI’m goodが良いと思います。
ではSo-soはどのように違うのか?というと、So-soはまぁまぁでももう少しネガティブなイメージ、いまいちと言った意味合いも持つ言葉になります。
例えば、「この間の映画どうだった?」という質問に対してSo-soだと、「ん~
微妙かな?」と言ったようなニュアンスになります。
このためSo-soはシチュエーションによって変わりますが、まぁまぁからイマイチと言ったニュアンスで使われる単語です。
微妙~というニュアンスも多分に含まれていますので、日本語で言う特筆することはないけど順調という意味でのまぁまぁとして使うと誤解を生じることもありますので注意をしてください。

米軍基地や大使館で習う英会話スクールGOOVER ENGLISH SCHOOLでは現在生徒募集中です。本場の英語を日本で習えます。
ご興味ある方はぜひホームページにアクセスお願いします。
GOOVERと検索すると出てきます。

今日もご覧いただき有難うございました(=゚ω゚)ノ
  


Posted by eikaiwaclub at 13:55Comments(0)